夫は南極で風と闘っていた
妻は家庭で日常と闘っていた
子供達はその狭間で寂しさと闘っていた
でも、ふと気付くといつだってお互いのエールが聞こえていた

遠く離れた家族の、ひとり一人の南極物語

氷海の彼方で

山内肇/山内理江
新風舎
2200円(本体価格)
B6ハードカバー
348ページ

ISBN:4-7974-1528-2 C0095Y2200E


本の
内容と
概略

これまでに
寄せられた
読者の書評

オンラインでの
注文は

からどうぞ


「氷海の彼方で」に関するメールはこちらまで